式典Q&A

地鎮祭とは?
「とこしづめのまつり」「ちんぢんさい」「ぢまつり」と各種の名称がある。建設施設の守護神をお祭りし、工事の無事進行、竣工と土地・建物の安全建国、弥栄を祈願するものである。
地鎮祭の式次第
一般的な地鎮祭の式次第は次の通りです。
1.開式の辞 → 2.修祓の儀 → 3.降神の儀 → 4.献饌の儀 → 5.祝詞奏上 → 6.清祓の儀 → 7.地鎮の儀 → 8.玉串奉奠 →9.撤饌の儀 → 10.昇神の儀 → 11.閉式の辞
上棟式とは?
「むねあげまつり」とも言われ、棟木を棟に上げる際、家屋の守護神、工匠の神にこれまで工事が無事に進んだ感謝と、竣工にいたるまでの加護を祈願し、また、今後長く禍いなく幸多いことを祈る祭事である。
鉄筋コンクリート造の場合でも棟上げはできないが、棟上げの儀は略しても棟上げ式として行われている。
玉串拝礼の作法
司会が名前を告げられたら拝礼者は、神職に一礼して玉串を受け取る。右手で玉串の根元を持ち、左手で玉串を持ち上げるような気持ちで受け取る。それから胸の高さの辺りまで持ち上げながら神前に進む。(ここで神前に向かって一礼する。)
次に刃先を手前、元を神前に向かうように持ち替え両手で持って玉串台に供える。供え終わったら二礼二拍手一礼し少し後退して、軽くお辞儀をして自席に戻る。
竣工式とは?
竣工式、または、竣工奉告祭といわれ建物が無事竣工したことを神々に奉告し、感謝の念を捧げると共に、建物がいつまでも堅固であり、永遠に繁栄することを祈願する儀式である。
落成式と落成披露とは?
落成式は工事に協力してくれた人、すなわち工事関係者、得意先、近隣者等に対する感謝・お礼をする式であり、いわば対世間的なものであり祝賀式である。
したがって、落成式と竣工披露は当然、順序としては竣工式が終わった後で行われるべきものである。

レンタル商品・その他

  • 胸リボン
  • 各種テント
  • 折椅子
  • 各種音響
  • 紅白幕
  • 感謝状
  • 案内状
  • 宛名書きなど

 ※レンタル商品に関しましては下記☎︎電話番号よりお問い合わせください。

パソコン用の画像 スマートフォン用の画像